お知らせ

戦国歴史ファンにおススメ!! 戦国武将『山中鹿介幸盛』コンセプトルーム「山中御殿」予約受付中♪



 

戦国魂の鈴木智博氏プロデュースによる月山富田城ゆかりの
戦国武将『山中鹿介』のコンセプト
ルーム「山中(やまなか)御殿」の宿泊プラン
販売中です
。当館サイト内のご宿泊プランからもお申し込み頂けます。


インテリアには、武将や城郭墨絵、近年ではアニメキャラクターの墨絵で知られる
墨絵師「御歌頭
(オカズ)」の墨絵4作品を採用。
掛軸は弟子に戦国武将御子孫を多く持つ、太田松峰氏直筆の作。

鍛冶工房弘光の三日月・尼子氏家紋入り燭台、安来市広瀬町の市民グループの方による手作り鎧兜、銅鏡を展示。

アメニティにもこだわり、山中家家紋入りハブラシ、山中鹿介タオル、地元の銘菓
「鹿之介」も
用意。

定員:2名様(基本は1名様) ※中学生以上ご利用可能

仕様:本間4.5畳 禁煙

料金:平日20,150円、休前日22,150円(1泊2食/税込 1名様ご利用時)
   ※2名様ご利用時 平日お1名様18,150円、休前日20,150円


山中鹿介幸盛について

戦国大名「尼子氏」に仕えた戦国武将。尼子家随一の猛将として知られ、「山陰の麒麟児」の異名を取る。

「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈った逸話が有名。

一度毛利氏に滅ぼされた尼子氏を再興するため尽力した。その過程で織田信長を頼り、明智光秀や羽柴秀吉

(豊臣秀吉)の下で戦ったが、最終的には上月城で毛利氏に敗れ、人質として毛利輝元の下に連行中、備中高梁で誅殺された。

最後まで主君に忠義を尽くし、御家再興のため奔走する姿は「武士の鑑」とされ、その生き方は多くの共感を

得た。享年34歳または39歳と言われている。

 

長男とされる山中幸元(鴻池新六)は酒造業を始めて財を成し、豪商鴻池財閥の始祖となった。

戦前の小学校の教科書では、山中鹿介幸盛が忠臣の代表として教えられた。

ニッカウヰスキーの紋章には、山中鹿介幸盛の兜が描かれている。

 

周遊指定地 さぎの湯温泉(国民保養温泉指定地)
源泉掛け流し温泉の宿「竹葉」、庭園日本一「足立美術館」から徒歩30秒
〒692-0064 島根県安来市古川町438
0854-28-6231
受付時間 9:00~21:00
FAX. 0854-28-6232 /